コラム サービスの眼と芽

社長 齋藤エミリが連載するコラム、サービスの眼と芽。コラムのテーマ「サービスの眼と芽」は、サービスを眼(感じたこと)と芽(気がついたこと)を観点にしたもの。ホテル・レストラン業界の人材紹介会社の社長として、日々の生活で感じたことを毎月1日に公開しています。2004年10月1日から続けているコラムです。お仕事の合間にご覧ください。
 

守れる命を大切に (第167回)

2018-08-01
<サービスの眼と芽 第167回>
今年の夏はとても厳しい暑さで、このまま毎年猛暑が続くことになりますと夏の行事も涼しい季節に変更せざるを得なくなります。

先月行われた「南新宿夏フェスタ」でも猛暑の中、事故や健康被害もなく無事成功しましたが、商店会員は準備と片付けで大変でした。

熱中症にかかったことのある私として、大丈夫だと思っていたら突然症状が現れます。最初は体がだるくなり、なぜか暑いはずですが体が震えるほど寒くなります。お手洗いに行くと体から出る水分が火傷するのではと思うほど熱く、びっくりしたのを覚えています。その時はひたすら冷房の中で冷麦とすいかを食べ、水分をとり、体中に水をかけ深呼吸をゆっくり数回して30分ほど動かずにいました。私の場合意識もありましたし、まだ重症ではなかったので自分で対処できましたが、なるべく周りの人が気付き早目に対処することと、一番大切なのは本人自身が素直に従うことです。「大丈夫だから」は大丈夫でなく注意信号です。

無理せず少し様子を見ることが危険回避の目になり、きっと他の人へも気を配ることができるはずです。「何もなくて良かった」と安心する為には「気にする心」が必要です。
どうか、守れる命を大切にしてください。

夏フェスタ (第166回)

2018-07-01
<サービスの眼と芽 第166回>
夏も本番!今年も猛暑で皆さん大変だと思います。
夕方から少し涼しくなる時間、また恒例の「南新宿夏フェスタ」が開催されます。毎年来て頂いている方はご存じだと思いますが、南新宿商店会の手作り感たっぷりのお祭りです。
 
今年は各飲食店からの出店の他に、物産展ありフリーマーケットありとバラエティーにとんでいます。そして楽しい舞台やゆるきゃら達と、大人から子供まで楽しい一時を過ごして頂くよう商店会みんなで力を合わせるイベントです。
 
今年は7月19日木曜日17時~21時、20日金曜日17時~20時30分です。チケットにはもれなく抽選券がついているので現金よりお得です。抽選券にはホテルのお食事付き宿泊券をペアでご招待(順信協賛)、有名プールペアでご招待(順信協賛)、そして今人気の家電製品などワクワクする賞品でいっぱいです!
 
みなさんぜひ遊びにいらして下さいね!お待ちしております!
 
◆今年もやって参りました、南新宿まつり!みんなで遊びにいらしてください。当社も南新宿商店会会員として協賛しております。
南新宿「夏フェスタ」2018.7.19_20

その方の心によりそうこと (第165回)

2018-06-01
<サービスの眼と芽 第165回>
この仕事をしていると、時々質問されることがあります。「サービスの違いとは何ですか?」

ここで言うサービスとは金銭的なことではなく、「おもてなし」のことですが、私なりにお答えすると基本的におもてなしの心に差はありません。しかし、それでは聞く人の真意を汲み取っていない気がしますのであえて言葉を足します。
 
例えばホテルのラウンジで、コーヒーなどを注文してウェイトレスの人がコーヒーをサービスする時、「おまたせいたしました」とテーブルにコーヒーを置きます。そのまま離れてしまってもお客様のクレームにはなりませんが、もしテーブルにシュガーポット(砂糖の入れ物)がありましたら、そっと使いやすい場所に置きなおすこと。一歩前のサービス。お客様がお話中の時はあえて料理の説明を控える。一歩下がるサービス。

うまく言えませんが、そこに気付くかどうかでお客様から見て差を感じてしまうかもしれません。私は「おもてなし」とは「その方の心によりそうこと」だと思っています。

これから本格的な夏になりますが、皆さまどうぞお身体を大切にお過ごし下さい。

日本人の食文化 (第164回)

2018-05-01
<サービスの眼と芽 第164回>
最近都内のいろいろなところで外国人の人をたくさん見かけます。その中で、百貨店の地下にある食料品売り場(デパ地下)にも外国人が多く、日本の食品を手にして日本人の販売員の人に身振り手振りで買い物を楽しんでいるようです。
民泊などで夕食付でない宿では、レストランなどで食事をすることよりもきっとコスパ(コストパフォーマンス)を考えたら、デパ地下で食品をいろいろ購入して宿で食べる方が良いということなのでしょうか。それに日本人が普段食べる食材や食品がたくさんあるので、日本人を知ることにもなりますからおもしろいかもしれません。

都心はスーパーマーケットを探すより百貨店などの大型ショッピング施設を探したほうが早いですし、だいたいの物はあります。日本人の生活習慣もわかりやすいと思います。特にお弁当に関しては、かなりクオリティーが高いことに驚くことでしょう。

日本人の食文化は広く深いもので、きっとそのことに気付く外国人の方はもう一度日本を訪れることでしょう。大切な方を連れて。

花を見て美しいと思える平和な心 (第163回)

2018-04-01
<サービスの眼と芽 第163回>
毎年この時季になると日本中桜の花が咲き乱れ、東京の花が終わっても東北へ出かけるとまた桜を楽しむことが出来ます。上手く行くと5月のゴールデンウィークまで咲いている所もあります。
 
私は新宿御苑にお弁当を持参して行ったのですが、とても混んでいてビックリしました。入り口まで1時間以上かかるので諦めて明治神宮へ向かいました。
 
歩いて行く途中住宅街にも桜や春の花が咲き、これはこれで楽しいと思っていましたが、帰り道に甲州街道を通ったところ文化学園の桜並木が素晴らしく感動しました。改めて桜の花が咲き花見を楽しむ日本に生まれて、本当に幸せだと思いました。
 
いつまでも花を見て美しいと思える平和な心を忘れずにいたいですね。

サービスの眼と芽(第1回~119回)までのコラム

サービスの眼と芽
 
第1回~119回までのコラムは、ウェブサイトのリニューアルに伴いこちらからご覧いただけます。
有限会社 順信 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-27-16 ハイシティ代々木101号 TEL.03-3370-4696
■有料職業紹介業■
■労働者派遣事業■