本文へ移動

コラム サービスの眼と芽

社長 齋藤エミリが連載するコラム、サービスの眼と芽。コラムのテーマ「サービスの眼と芽」は、サービスを眼(感じたこと)と芽(気がついたこと)を観点にしたもの。ホテル・レストラン業界の人材紹介会社の社長として、日々の生活で感じたことを毎月1日に公開しています。2004年10月1日から続けているコラムです。お仕事の合間にご覧ください。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

新しいスタイル (第189回)

2020-06-01
<サービスの眼と芽 第189回>
5月21日緊急事態宣言解除発表があった平日ランチ時のビジネス街
5月21日に緊急事態宣言の解除発表があり、既に休業緩和した日本。
感染者が増えなければ、少しずつ経済は戻るでしょうが、それはきっと長い道のりで、企業にとっては体力が必要になるでしょう。
 
弊社は「密を喜び」とする結婚式、宴会、レストランでの食事、イベント、旅行宿泊先などに求人依頼を受けて紹介させて頂いています。ソーシャルディスタンスを守りながらお客様に喜んでいただくことはとても難しい事だと思います。
 
しかし、お客様もこの事態はご理解して頂いていると思いますので、きっとご協力頂ける事でしょう。この時期なりの思い出作りとして、特別な楽しみ方を生み出し、いつか時代と共に決して忘れられない日になると。
 
私なりに結婚式やパーティーの新しい形として「劇場型」を考えました。テーマは「充分な距離を取りながら、心は近くに」
 
ステージを作り、そこに向かい半円型にテーブルを置き、ステージに向かう一方向に席をセットする。直線的な配列は固い印象を与えますから。そしてテーブルは世帯別にする。他人同士の場合は、少人数のテーブルにする。スタッフはマスクやフェイスシールドが必須。マスクなどに花の絵があると素敵かも。メッセージも良いですね。感染に気をつけて、なるべく柔らかい形を作る事がポイントです。今は「そんなバカな」というスタイルがこの先の新しい形になるでしょう。

より早く終息を (第188回)

2020-05-01
<サービスの眼と芽 第188回>
いつものコラムであれば、ゴールデンウイークのことを書くのですが、今年はその様な明るい話題ではなく、新型コロナウイルスと自粛のことになってしまいます。
それでも少しだけ気分が上がることで、自宅の窓から空を見るといつもよりきれいに感じます。人の動きが止まり空気の良いせいでしょうか。
 
ベランダにカラスとは違うあまり見たことがない鳥が止まり、家の周りの家々の花もそれは美しく咲き乱れて春の香りがします。(マスク越しですが)
日常のあたりまえのことがこんなに愛おしく感謝できることがせめてもの心の支えです。
 
この度は新型コロナウイルス感染等拡大防止の為に、休業などで皆様には大変ご不自由をおかけします。
弊社としても、より早く終息に向かい平常な日々に戻りますことを切に願い、自粛と会社の維持に努めております。しばらくはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただけますと幸いです。

思い出にかわるまで (第187回)

2020-04-01
<サービスの眼と芽 第187回>
花が咲き、毎年この月は入学、入社などおめでたい空気でいっぱいでした。
今年は3月の卒業式もできない状況で、皆さんわかっていても感情はなかなか前向きになれないですよね。
 
私の会社でもホテルなどへ職業紹介をしていますので、その影響はかなり大きいです。一人でも多く、働いている人に仕事や保障を頂けるように日々動いています。求人先も大変な中、ご理解いただき出来る限り動いていただいています。
 
大変な時期ですが、必ずこの時期を振り返る日が来ると強く信じ、踏ん張ること。
そして動くべき時、動いてはいけない時をきちんと考えながら過ごしています。
 
最後に先日朝6時に起きて明治神宮へ行き撮った写真を、皆様への気持ちとして添えさせていただきます。

今やるべきこと (第186回)

2020-03-01
<サービスの眼と芽 第186回>
先日、小田急線のロマンスカーに乗りました。
新宿駅のホームでふと見ると、ホームにあるベンチに充電のマークが大きくついていて、ベンチに座りながら充電ができるようになっていました。(写真参照)そのデザインがポップでとてもわかりやすく素敵でしたので思わず写真を撮ってしまいました。
 
日本に外国の方がいらっしゃると表示がわかりにくいという意見があるようで、これからは言葉の違いを気にすることなく日本を楽しんでいただくには、やはりこうして目で見てすぐわかる工夫が必要ですね。
 
今から4年前に東京でオリンピック・パラリンピックが開催されると決まった時、日本はお祭り騒ぎで喜んでいました。都内はいたるところで建設ラッシュ、ホテルも急ピッチで建てられ、人材不足でどの企業も大変な思いをしています。
 
ところが東京の夏の暑さが異常であることを理由に、マラソンが北海道へ移り、今年は新コロナウイルスで世界中が大変な状況です。早く落ち着き、気持ちよく東京オリンピック・パラリンピックを開催できたらと思います。
 
それまでにいつでもお客様を迎える準備をして、この時期やるべきことをきちんとすることできっと後になって大切な時間になると信じています。未来の笑顔のために。

冬を楽しみながら (第185回)

2020-02-01
<サービスの眼と芽 第185回>
温暖化で雪が少ないと心配される中、体感気温はとても低く、今年はインフルエンザにかかった人や風邪をひいている人が多いようです。
 
私自身も年始早々インフルエンザにかかり救急で病院へ行きました。あまりその様な経験をしないと思いますが、もし休日や夜中、早朝に具合が悪くなり、救急車を呼ぶには大げさだけど直ぐにでも治療をしたいと思う方に#7119をお勧めします。自宅の近くで直ぐみてもらえる病院と電話番号を教えてくれますので連絡して向かうことができます。
各区町村のホームページや新聞などでも案内されていますので、普段から気にすることでいざという時に安心して治療できます。
 
これからしばらく寒い日々が続きますが、どうぞ皆様ご自愛ください。そしてこの時期の季節をたくさん楽しんでください。私の会社はその時の為に、今からお客様をお迎えする仲間を集めています。一人でも多くのご登録をお待ちしております。

サービスの眼と芽(第1回~119回)までのコラム

サービスの眼と芽
 
第1回~119回までのコラムは、ウェブサイトのリニューアルに伴いこちらからご覧いただけます。
有限会社 順信 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-27-16 ハイシティ代々木101号 TEL.03-3370-4696
■有料職業紹介業■
■労働者派遣事業■
 
TOPへ戻る